ビタミンC欠乏は免疫低下を引き起こす|福岡市博多区内科・糖尿病内科 | 山本診療所

山本診療所 糖尿病専門サイト

  • 【診療時間】
    月・火・木・金9:00~13:00/15:00~18:30
    水14:00~18:30 土9:00~13:00
    【休 診 日】
    水曜午前/土曜午後/日曜・祭日
  • ご予約・お問い合わせ

    TEL:092-414-7063

院長コラム

Doctor's column

院長コラム Doctor's column

ビタミンC欠乏は免疫低下を引き起こす

院長コラム2017.07.04

ビタミンCには、免疫賦活作用があります。具体的には、インターフェロン産生の亢進、白血球貪食能の亢進、細胞性免疫の賦活、補体や抗体産生の亢進、NK細胞活性の亢進、抗ヒスタミン作用など多くの作用が認められています。細菌性、ウイルス性感染症や悪性腫瘍に対する生体防御のためビタミンCは重要な役割をはたしています。

糖尿病は高血糖だけでなく潜在的ビタミンC欠乏をとおして免疫低下が引き起こされるのです。